2022年9月6日

関西地区、鉄スクラップ相場一段高 電炉H2買値5万円乗せ

 関西地区の鉄スクラップ相場が先週3日から一段高となった。同地区の電炉買値は、指標品のH2で再びトン当たり5万円に乗せた。9月は2度の3連休を控えており、電炉各社鉄スクラップを確保するために輸出への対抗値上げを迫られている。外国為替市場で急速に円安が進んだことなども影響する。

おすすめ記事(一部広告含む)