2020年10月2日

関西地区、異形棒市況1000円続伸

関西地区の異形棒鋼市況は今週にトン1000円方上伸し、高値で6万3000円(メーカー直送、ベースサイズ)どころが実勢化した。メーカーの製品値上げを受け、流通が唱えを引き上げ、市中に浸透した。ただ、地区の鉄筋実需は盛り上がりに欠け、流通は一気に唱えを上げられる状況にはなく、今後はスローテンポの動きとなる方向だ。

おすすめ記事(一部広告含む)