2022年9月12日

日鉄エンジと清水建設、石狩湾新港洋上風力発電所 鋼管杭打設など着手

 日鉄エンジニアリングは9日、同社と清水建設との共同企業体が石狩湾新港洋上風力発電所の新設工事を受注し、ジャケット式基礎の製作と現地海域での鋼管杭打設工事に着手したと発表した。このプロジェクトは再生可能エネルギー事業の開発・建設・運営を手掛けるグリーンパワーインベストメントが2007年から事業開発を進め、日本初の8メガワット大型風車を採用した国内最大級となる商用洋上風力発電所を建設するもので、総事業費は約740億円。特別目的会社であるグリーンパワー石狩が23年12月の運転開始を目指している。

おすすめ記事(一部広告含む)