2022年10月6日

鉄スクラップ トルコ向け価格反発 ロシア制裁の影響

 トルコ向けの鉄スクラップ輸出価格が反発した。商社・シッパーなどによると、直近の成約価格はCFRトン当たり370米ドル前後(HMSNo.1・80%&No.2・20%、約5万3600円)と前週比で20ドル高い。市場関係者によると、欧米がトルコに対してロシアの制裁逃れを取り締まるように圧力を強めたことが、鉄スクラップ価格反発の背景にあるようだ。
おすすめ記事(一部広告含む)