2021年2月26日

鉄スクラップ、トルコ向け値戻し進む 直近安値から40ドル上昇

鉄スクラップ国際相場の値戻しが進んでいる。商社・シッパーなどによると、米国からトルコ向けの新規鉄スクラップ輸出価格はCFRトン当たり445ドル前後(HMSNo.1・80%&No.2・20%、約4万7400円)。2月初めの直近安値から約40ドル戻った。中国の春節(旧正月)明けや春の需要期に向け、世界的に鋼材需要の回復期待が高まっていることなどが背景にある。

おすすめ記事(一部広告含む)