2022年12月19日

千代田鋼鉄工業が開始 鉄スクラップ 夜間荷受けでAI検収

異形棒鋼・カラー鋼板メーカーの千代田鋼鉄工業(本社=東京都足立区、坂田基歩社長)は、きょう19日の夜の鉄スクラップ納入予約分から、夜間荷受けに限って鉄スクラップAI検収システムの運用を開始すると、このほど発表した。10月から異形棒鋼を製造する綾瀬工場(東京都足立区)で納入スクラップのデータを収集していた。来年1月末には日中の荷受けにもAI検収の導入を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)