2020年8月20日

千代田鋼鉄 市川工場、CCL新オーブン本稼働

 異形棒鋼・カラー鋼板メーカーの千代田鋼鉄工業(本社=東京都足立区、坂田基歩社長)はカラー鋼板生産拠点の市川工場(千葉県市川市)で進めていた連続カラーライン(CCL)の塗装焼き付け用オーブンの更新が完了し、18日から本稼働に入った。生産性が向上し、高級カラー鋼板の製造も可能となる見込みで、従来の建材用途のほか、弱電関連でも採用拡大を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)