2022年12月21日

JFEミネラル圧電単結晶増強 24年までに2割

JFEミネラルは圧電単結晶の年産能力を大きく拡大する方針だ。能力不足が想定されるため、まず結晶製造能力を2024年までに約2割増強し、医療用超音波検査診断装置向けの高品質素材の需要拡大に応じる。斉藤輝弘社長によると、今後の需要拡大のペース次第だが、35年までに現状の5倍の増強を想定。世界でのシェアを伸ばしたい考えだ。
おすすめ記事(一部広告含む)