2021年2月3日

錫需給の異変(下)ミャンマー政変で供給不安増 買鉱精錬失速でインドネシア復活

 インドネシアが輸出規制を始めた2013年から、各国の生産事情は一変した。インドネシア産の中間原料(粗錫)を主原料としていたマレーシアやタイは、鉱石輸入による精錬への切り替えを余儀なくされた。インドネシア錫の最大輸入相手だった中国も、買鉱へと戦略を大きく転換させた。しかしその買鉱精錬の行き詰まりが、需給や相場の上で表面化してきたようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)