2021年4月7日

65歳定年制度導入で成果 基幹労連の取り組み 神田健一委員長に聞く 技術・技能伝承 シニアの活躍必要 雇用・生活 安心安定の形見せる

鉄鋼、非鉄、造船・重機、建設の労組が加盟する基幹労連は65歳定年制度導入で成果を上げつつある。高炉大手が18歳から65歳までの一貫した制度で2021年度から導入し、鉄鋼、非鉄など他企業に導入が広がる。年金受給開始年齢の65歳への引き上げだけではなく、技能伝承や将来の人材確保に向け、シニアなど多様な人材の活躍が必要という神田健一委員長に課題を聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)