2021年4月20日

「経営戦略を聞く モリ工業 森宏明社長」ITで販売技術を進化 製造工程への活用が課題

ステンレス溶接鋼管最大手のモリ工業(本社=大阪市中央区)は、店売りステンレス製品について、顧客との取り引きが円滑、スピーディーに行えるウェブシステム「モリなび」を5月から運用開始する。新型コロナウイルス禍で働き方にも多様性が求められる中、業界に先駆けて利用者の利便性を追求したシステムの導入により、一層の存在感を発揮する。森宏明社長に、同システム運用の狙いや今後の課題などを聞いた。

――「モリなび」の開発に至った経緯は。

「以前からウェブ利用のサービス運用については、顧客の皆さまから要望をいただいていた。当社としても、将来的な事業展開には、効率的かつ高品質の製品製造に加え、ITを活用した販売技術の進化が必要であると判断、約2年前、営業部門の担当者らを中心に開発に着手した」

おすすめ記事(一部広告含む)