2021年5月17日

解説/JFE新中計「質への転換」/構成改善、海外戦略に投資

JFEホールディングスは2021年度に大幅な黒字を確保する計画だ。粗鋼の増産、鋼材販売価格の改善、コスト削減を進め、連結事業利益予想2000億円と赤字の前年から3290億円以上改善する。21年度開始の4カ年の中期経営計画は東日本製鉄京浜地区の高炉1基を休止するなど固定費を大きく削減することで計画最終の24年度に同利益を3200億円に拡大する。国内の能力削減による体質強化、構成改善で収益力を高め、資金を海外戦略に投じて新たな成長の絵を描く。

おすすめ記事(一部広告含む)