2021年6月16日

村上政徳・朝日工業社長が退任 特色突き詰めニッチ追求

「社員が希望を持つことができる元気な会社にすることが、私の使命と感じていた。国内鋼材市場が年々縮小する中で、どのようにしたら持続可能な会社になるのかを皆で議論し、実行していった」と語るのは合同製鉄グループの大手電炉メーカー、朝日工業の村上政徳社長。6月28日付で取締役相談役に退くとともに、引き続き農業資材事業を担う朝日アグリアの社長を務める。

おすすめ記事(一部広告含む)