2022年1月18日

昭和電工の電極事業戦略/カーボン事業部長/武田真人氏/フォーミュラ制提案開始/一時的な需要増加/在庫と工程効率化で対応

昭和電工は世界最大手の電極事業基盤を安定化させる方針だ。長期安定供給のためにアジア、欧米の供給拠点の品質を底上げする一方、原料コスト変動を売値に反映するフォーミュラ制を提案。一時的な需要増には在庫と工程間の手持ち時間の短縮などで応じるという武田真人・カーボン事業部長に方針を聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)