2022年1月21日

産学連携の展望を聞く/東北大学金属材料研究所 産学官広域連携センター長 正橋 直哉教授/人材育成に構造的な課題

 金属系ものづくり企業の技術支援を目的として、大阪府を拠点に2006年から産学連携に取り組んできた東北大学金属材料研究所。中小企業などからの技術相談件数は年を追って伸び、実用化などの研究成果は出ていたが、新型コロナウイルス禍では打撃を受けて活動停滞を余儀なくされた。東北大学金属材料研究所附属産学官広域連携センターの正橋直哉教授(センター長)に、今後の産学連携を巡る課題と展望を聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)