2022年3月10日

グリーンアルミブランド相次ぎ誕生(1)/GHG排出量低減が急務/国内市場、コスト面に課題

欧州連合(EU)が昨年7月に公表した炭素国境調整措置(CBAM)は今後の世界のアルミ産業に一つの道筋を示した。昨今、欧米を中心に低炭素地金(グリーンアルミ)ブランドが相次いで誕生している。世界的な自動車メーカーや圧延メーカーなどが供給契約を結び、サプライチェーン(供給網)全体の温室効果ガス(GHG)排出削減につなげる動きも進む。世界のアルミ産業に関わる環境負荷低減の仕組みをみていく。

おすすめ記事(一部広告含む)