2022年8月23日

日本の特殊鋼/世界に誇る技術の粋/(17)/大同特殊鋼知多工場/技術の源泉・現場力を探る/母材と人材の供給基地

大同特殊鋼の知多工場(愛知県東海市、永谷哲洋執行役員鋼材生産本部知多工場長)は、1962年の操業開始から今年で60年の節目を迎えた。社内最大の工場で、他工場への母材供給やグループ海外拠点、技術提携会社への技術指導者派遣なども行う中核拠点。顧客とのすり合わせで生まれる特徴ある特殊鋼を生産し、構造材料から機能材料への転換を目指すポートフォリオ改革でも重要な役割を担い、今後の成長需要分野に向けたさらなる能力増強で、グループの次代への成長をけん引する。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)