• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2016年4月5日

【第2回】記念座談会 非鉄業 いま・未来 井上氏 競争力強化、機動的に支援/松本氏 銅価変動、素材シフト後押し

【第2回】記念座談会 非鉄業 いま・未来 井上氏 競争力強化、機動的に支援/松本氏 銅価変動、素材シフト後押し

業界再編、大きい価格変動
――業界再編の取り組みに関し、競争力強化の観点から国の支援は。
井上「産業競争力強化法があり、それを踏まえ、各事業社の皆さんに支援をさせていただいているところだ。我々としては、皆さんがハイエンドの世界で収益性の高い分野を狙ったり、あるいはマスをとりにいかれる分野を含め、各社がどういうリソースを配分されるかを踏まえ、機動的なサポートを考えていかないといけない」
――ボラティリティー(価格変動性)の高さという点では、特に銅価は乱高下が目立ちました。
大井「この乱高下は、決して好ましいことではない。政府が掲げる緩やかな成長、安定した価格の動きは望ましいが、残念ながらこの10年を振り返ると、中国における需要の急伸をきっかけに、大きなうねりができた。2011年からいきなり下降局面に入ってしまったが、この間、需要が大きく減ったのかと言われれば、決してそうではない。先進国では一人当たり10―15キログラムくらいの消費量があり、中国は伸びたといっても7キログラム程度で、これに中国の人口を考慮し、インドネシアやインドも含めれば、まだ伸びる余地はある。しかし、あまりにも投機筋のマーケットになってしまい、当業者が入ってこれない状況で、供給面で不安を感じている局面となり、資源メジャーも赤字に陥る異常事態。供給過剰といっても、だぶついているわけではなく、センチメントだけで動いている。拡張投資や新規の開発が延期され、前段階の探査も相当切り詰め、次の開発もそう簡単に起こらない状況になり、価格形成システムを考えないといけないと思う。単に市場メカニズムに任せて、放置するわけにはいかない。銅は高い機能を持ち、根強い需要がある。新興国の需要も見込め、原材料の安定供給、銅資源開発、中流の製錬事業も続けながら、競争力強化を進めないといけない」
――需要サイドとして、銅のボラティリティーの高さをどう見ていますか。
松本「銅加工業者の集まりであるIWCC(国際銅加工業者協議会)として、価格変動はとにかく困る、経営に大変な影響がある、とLMEに訴えてきた。そうこうしているうちに顧客の銅に対する態度が変わってきた。アルミの資源量や価格をみて、代替できるのであれば銅から置き換えたい、という声が増えてきた。素材の価格変動は自動車メーカーにも重大な問題。環境問題に端を発する軽量化ニーズが、流れをさらに後押しした。自動車用ワイヤハーネスをはじめ、巻線、中低圧電力ケーブルなどのアルミ化が始まっている。銅の世界消費量を大まかに年2000万トンとすると、6割が電線に使われ、そのうちアルミ化の可能性がある領域は6割。年700万―720万トン相当にもなる。こうした状況を考えると、LMEは度の過ぎた価格変動を放置すべきではない」
(公務により井上課長退席)
国内基盤強化
――グローバル競争の基点となる国内市場・拠点のあり方をどう位置付けますか。
石山「アルミは需要のすそ野がとても広く、いわゆる『選択と集中』とは異なる世界。太陽電池であれば架台、輸送分野であれば新幹線や地下鉄の車体、先ほど挙がった自動車用の電線もそうだが、さまざまな分野で新しい用途が出てくる。どこかに集中すると、むしろ新規需要を取り逃すおそれがある。一本足、二本足、三本足ではなく、百本足くらいの感覚でやっている。その中から世界に打って出られる製品や技術も育ってきた。PTP(薬の包装)や缶材が一例かと思う」
――新技術・新製品の土壌ということですね。大井社長はどうお考えですか。
大井「松本社長がおっしゃったように、銅からアルミへの代替が進んできたのは事実。一方で、導電率の高い銅には軽薄短小化のニーズがある。たとえば電解銅箔ならば厚さ1ミクロン、圧延銅箔でも最薄4―5ミクロンの世界まで今来ている。また、IoT(モノのインターネット)、医療、自動車などの分野で遠隔操作や自動運転にセンサーが多用され、総消費量は大きくなくても銅の新規用途はまだまだある。日本の製錬会社は、先端用途に耐え得る高品質なメタルを安定供給する。製造産業の競争力の源泉であり、ひいては原料鉱石の安定調達も必要ということになる」

座談会出席者
住友電気工業社長
松本正義氏
日本軽金属ホールディングス会長
石山喬 氏
JX金属社長
大井滋氏
経済産業省製造産業局非鉄金属課長
井上幹邦氏
経済産業省製造産業局非鉄金属課課長補佐
小竹幸浩氏
経済産業省製造産業局非鉄金属課課長補佐
関行規氏
司会=大倉浩行
(産業新聞社編集局非鉄部) ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/12/13
H2新断プレス
35200円 (300)37900円 (200)
307.64ドル (3.05)331.24ドル (2.21)

 換算レート (TTS) 114.42円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/12/13調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6300063000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7800080000
鉄スクラップ
H22600023000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 776 771 774 769
電気亜鉛 399 393 399 393
電気鉛 334 331 335 332
アルミ二次地金 99% 222 217 222 217

非鉄金属市場価格へ