• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2016年4月14日

【第4回】産業新聞80年史 21世紀へ向けての飛躍 ―システム化への取り組み―

【第4回】産業新聞80年史 21世紀へ向けての飛躍 ―システム化への取り組み―

1977年(昭和52年)、「赤新聞」の名で親しまれた「日刊金属特報」は、特報版形式からタブロイド版へと変更された。特報版「日刊金属特報」の誕生から28年目の事であったが、これに続き81年には、東京・大阪同時印刷が開始され、全国直配網が確立された。それまでは大阪で印刷され全国に配送されていたが、地域によっては即日配達が難しいところもあった。また、この頃は大阪伊丹空港の夜間飛行が制限され、遠隔地への配送にも支障が出てきていた。このため東京・大阪での同時印刷を開始、配送面のネックを解消し、読者サービスを一段と強化したのである。これによりタブロイド版「日刊金属特報」は、全国で即日配達されることになったが、これを機に次のステップとして、新聞制作工程の合理化、紙面のブランケット版化などが図られていくことになる。

この頃、日本経済は73年の第1次オイルショック、79年の第2次オイルショックを経て低成長期に入っていたが、85年9月には、プラザ合意による急激な円高に見舞われ、円高不況へと突入していった。こうした景気低迷は、否応なく産業界の構造転換を迫り、新聞業界もその例外ではあり得なかった。

それはまず新聞制作システムの技術革新となって表面化してきた。新聞制作の技術革新は、50年代後半、鉛活字を1字ずつ手で拾う文選植字工程が、漢字テレタイプに置き変わることから始まった。漢字テレタイプは、人手による文選植字工程を機械化したもので、鉛活字による凸版印刷というシステムそのものは変わらなかった。しかしその後、全自動写真植字機の登場により、鉛活字や鉛版を使わない全く新しいシステムに移行していった。伝統的な紙型・鉛版方式による印刷は、鉛を溶解する工程を含むため、ホット・タイプ・システムといわれたが、新システムは鉛活字や鉛版を使わず、写真製版印刷によるためコールド・タイプ・システム(CTS)と呼ばれた。当社はこうした新聞制作の技術革新にいち早く注目、「日刊金属特報」のCTS化を進めていったのである。

CTS化の準備段階として、まず83年には普及期に入っていたワードプロセッサを積極的に導入、84年2月から記者のワープロ入力を開始した。新聞記者といえば、鉛筆を舐めながら原稿用紙に記事を書きなぐる姿がトレードマークであったが、その姿が消えることになったのである。現在でこそ記者のワープロ入力は一般化しているが、当時、記者全員による原稿のワープロ入力は、わが国新聞史上初の出来事であった。さらに同年、CTS化へ向け電算写植機、入力校正機、見出写植機などを導入、CTSの部分実施を経て87年3月には「日刊金属特報」の完全CTS化を完了した。

一方、新聞制作のCTS化と並行して進められたのが、紙面のブランケット版化である。77年にタブロイド版化を終え、紙面の質的向上が図られたが、それはあくまで過度的措置で、いずれブランケット版への大判化は避けて通れない課題であった。念願の大判化は「日刊金属特報」のCTS化から8カ月後の、87年11月からであった。

この間、日本経済はプラザ合意後の円高不況に苦しんでいたが、一方では円高メリットによる個人消費の拡大、円高是正のための内需拡大策、金利低下による資産効果などから、金融緩和下の地価高騰を生み、いわゆるバブル経済へと突き進んでいく。「財テク」がもてはやされ「土地転がし」が問題となった時代である。年号も昭和から平成へと変わったが、やがてあっけなくバブル経済は崩壊、1ドル=100円を割り込むという急激な円高の中で、深刻な不況に苦しめられるのである。

鉄鋼業界でも円高不況による「鉄冷え」は、バブル経済により一時的に持ち直したかに見えたが、円高がもたらした内外価格差による国際競争力の低下、輸入鋼材の流入などは、国内鉄鋼業の抜本的改革を迫ることとなった。このため、高炉メーカー各社を始め、事業のリストラクチャリングを実施、要員削減を中心とするコスト合理化を余儀なくされた。

こうした厳しい環境の中で産業新聞は、紙面の抜本的改革に取り組み始めた。その一環として、96年(平成8年)4月「日刊金属特報」から「産業新聞」への題字変更に踏み切った。「産業新聞」への題字変更は、読者ニーズに応えるより質の高い新聞づくりを目指したもので、需要業界ニュースの充実、ニュース解説記事、調査報道取材の充実などを図っている。さらに新聞制作でもCTSをさらに一歩進めた、コンピュータシステムへの移行を図った。新聞制作をすべてコンピュータ化した新聞制作システムは現在、新聞制作の主流となっているが、当社では専門紙業界ではいち早くコンピュータ化に取り組み、2000年4月には住友金属工業(現新日鉄住金)と共同開発した「SSスーパーシステム」の稼働へと結びつくのである。こうした新聞製作システムのコンピュータ化は、IT化時代への先駆けとして、さらなる発展の基盤となったのである。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/10/19
H2新断プレス
30300円 (―)32800円 (―)
265.81ドル (-1.83)287.74ドル (-1.99)

 換算レート (TTS) 113.99円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/10/19調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7700076000
鉄スクラップ
H22100018500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 810 805 808 803
電気亜鉛 408 402 408 402
電気鉛 336 333 336 333
アルミ二次地金 99% 219 214 219 214

非鉄金属市場価格へ