• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2019年10月15日

台風19号 鉄鋼・非鉄業界にも被害 影響さらに広がる見通し

台風19号は東日本各地に記録的豪雨をもたらし、鉄鋼・非鉄業界にも直接・間接的な被害が発生しており、影響はさらに広がる見通しだ。国土交通省によると12日19時前に伊豆半島に上陸した19号は関東地方を通過し、13日未明に東北地方の東海上に抜けた。この間、北信越、関東、東北などの極めて広い範囲で河川の堤防決壊や越水が発生し、数多くの住宅や工業・商業施設が冠水、浸水などの被害を受けた。

15日現在も冠水、停電、断水が続く被災地は多く、通信や鉄道・道路交通網も寸断されている。ライフラインや通信・物流網など社会インフラの早期回復、被災地や被災企業の早期復旧が望まれる。

近年、日本では自然災害が大型化しており、先月上旬の台風15号では電力供給網の脆さを露呈。今回は、昨年の西日本豪雨に続いて治水能力不足が鮮明となり、製鉄所など製造拠点でも被害が相次いでいる。

日本は地震を含めて大規模な自然災害が発生するリスクを抱えており、政府による治山治水などの国土強靭化は急務。企業も災害対策強化を急ぐ必要がある。鉄鋼業には復旧・復興資材の優先的な供給、国土強靭化の工期短縮やコスト削減に寄与する建設鋼材や工法の提案が期待されている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2019/12/12
H2新断プレス
24500円 (600)26800円 (500)
223.68ドル (5.97)244.68ドル (5.11)

 換算レート (TTS) 109.53円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2019/12/12調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6800062000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8300084000
鉄スクラップ
H2+14500+12500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 +689 +684 +687 +682
電気亜鉛 286 280 286 280
電気鉛 264 261 264 261
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ