2019年10月15日

台風19号 長野市北部で工場浸水被害

台風19号による大雨で千曲川の堤防が長野市北部で決壊。金属関連の企業では周辺に立地する金属リサイクル業者が浸水被害を受けたとみられ、15日朝の時点で電話がつながらない状態となっている。長野市内の企業関係者によるとスクラップ発生工場なども軒並み浸水したもようだ。

総合リサイクルの直富商事は長野市内の千曲川沿いの工業団地に本社工場を構えるが浸水等の被害はなく、連休明けの15日は通常通り営業を行った。同じく千曲川沿いの長野県上田市内にある事業所を含め全ての拠点で被害は確認されていないという。

ただし堤防決壊により広い範囲で浸水被害が発生した長野市北部地域に立地するスクラップ発生工場が軒並み浸水被害にあったもようで、「協力企業と連携しながらこれから発生するスクラップの受け入れ体制を整えた」と話す。

おすすめ記事(一部広告含む)