2014年1月8日

タイ14年分熱延無税枠、増量要請の半分以下に

 タイ政府は日タイ経済連携協定(EPA)に基づく2014年分の熱延鋼材輸入の無税枠を、7日までに日本側に提示した。IF鋼は前年比増量だったものの、酸洗材、自動車用リロール材は減量だった。日本側はタイの自動車生産増に応じた増量を要請していたが、要望の半分以下にとどまった。日本側は今後も期中の増量を求める一方で、再輸出分の税還付制度の運用改善など安定供給に向けた対応をタイ側に求める。

おすすめ記事(一部広告含む)