2014年1月15日

インドネシア 鉱物輸出規制が発効 ニッケル鉱石輸出禁止

インドネシアで12日、未加工鉱物の輸出規制が発効した。フェロニッケルの原料となるニッケル鉱石は、輸出禁止となった。国内フェロニッケルメーカーは消費原料の約4割をインドネシアに依存するが、各社は昨年後半から代替調達に動いており目先の生産への影響はない。銅精鉱は、輸出鉱物の最低製精錬基準が直前に見直され、2017年いっぱいまで暫定的に輸出が認められる。ただ、輸出税を従来の20%から最大60%まで、段階的に引き上げる。

おすすめ記事(一部広告含む)