2015年10月14日

宝山鋼鉄、11月鋼板据え置き 熱延・冷延は実質値下げ

 中国の宝山鋼鉄は12日、11月積みの鋼板類の販売価格を全品据え置くと発表した。3カ月連続の据え置き。熱延と冷延は早期の申し込みに対し、トン100元(約1900円)の値下げを2カ月連続で行う。グループの梅山鋼鉄と湛江鋼鉄の熱延販価も据え置き、早期の申し込みは値を下げる。宝鋼の実質値下げによって鋼材市況の弱気に拍車がかかりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)