2015年10月23日

韓・現代製鉄、唐津特殊鋼工場が稼働 自動車向け素材を拡充

 韓国の現代製鉄は唐津製鉄所に新設した特殊鋼工場を稼動した。年産100万トン体制で特殊鋼の棒鋼、線材を生産し、鋼板から棒線、鉄粉まで自動車用素材を全て供給できる体制を整備。唐津の第2溶融亜鉛めっきライン(CGL)も年内の稼動を計画している。高炉一貫製鉄への進出から5年を経て自動車向け素材生産を品種、数量ともに拡充しており、現代自動車グループと一体的な競争力を強化する。

おすすめ記事(一部広告含む)