2017年3月13日

CSC、対日鋼材価格引上げ

 台湾の中国鋼鉄(CSC)は、4―6月(第2四半期)積みの日本向け鋼材輸出価格について、主要全品種で値上げする方針を固めた。品種により異なるが、前回2―3月積みに比べてトン当たり5000円から7000円の値上げ。昨年からの累計の値上げ幅はトン2万3000―2万5000円となる。

おすすめ記事(一部広告含む)