2017年3月16日

中国鋼材市況が軟化

 中国の鋼材市況が3月入り後に軟化した。鋼材の先物価格と原料炭価格が下落した影響とみられる。鋼材の市中在庫が増えており、末端の建築需要が停滞している可能性がある。薄板最大手の宝山鋼鉄は市場の動きをみて4月積みの鋼板販売価格を前月に続き据え置いた。先物は今週に再び上がり、現物市況も上がる見込み。需給に先物が絡み、短期変動型の相場展開が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)