2018年8月20日

中国鋼材需給、秋にタイト化加速へ

 中国の鋼材需給が秋に大きくタイト化する可能性が浮上している。中央政府が河北省と北京市、天津市および周辺地域の秋・冬季の大気汚染防止策を定め、鉄鋼の50%減産を10月初めから来年3月末まで実施するため。昨年実施の同防止策より地域と期間を拡大した。秋の需要期に供給が不足する事態も予想され、鋼材市況の先高観が強まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)