2019年1月30日

中国 鋼板は輸出減らず

 中国の薄鋼板類の輸出がさほど減っていない。2018年に4023万トンと過去最高の15年から17%の減少。棒鋼が15年の3分の1以下に縮小したのと対照的だ。鋼材価格の上昇を受けて新設備を導入する企業が増え、とりわけ鋼板の圧延能力が増えているもよう。米中貿易摩擦の影響などで中国景気が減速しており、余剰となった鋼板が海外に出る傾向は19年も続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)