2019年5月17日

中国民営鉄鋼企業、海外展開が本格化

 中国民営鉄鋼企業の海外展開が本格化してきた。大手の河北新武安鋼鉄集団はマレーシアに年産能力1000万トンの製鉄所を建設する。マレーシアでは盛隆冶金集団の製鉄所が稼働し、ビレットの国内外への販売を始めたばかり。インドネシアでも徳龍鋼鉄集団の高炉が6月稼働を予定する。中国系企業が東南アジアの鉄鋼需給を直接左右し、国際鉄鋼価格にも影響を与えそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)