2019年10月2日

USスチール、電炉薄板メーカー買収 統合効果 最大10億ドル見込む

 米高炉大手のUSスチールは1日、約7億ドル(756億円)を投じて電炉薄板メーカーのビッグ・リバー・スチールに49・9%出資すると発表した。残りの50・1%も4年以内の取得権を確保し、100%買収を目指す。熱延で年産330万ネットトンに倍増計画を進めるビッグ・リバーの企業価値を約23億2500万ドルと評価。最新鋭で競争力のあるミニミルを取り込み、既存の一貫製鉄事業を補完することで、2022年までに最大10億ドルの統合効果を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)