2019年12月11日

三菱製鋼比子会社、自動車用巻ばね生産

三菱製鋼は10日、フィリピンの子会社、MSMセブ(セブ州ラプラプ市)のマニラ工場が自動車用巻ばねの生産設備を導入したと発表した。自動車用巻ばねは試験生産を行っており、2020年春以降量産を開始する予定。これに伴い、同社は2020年4月1日から商号を「MSMフィリピン」に変更する。

おすすめ記事(一部広告含む)