2020年2月12日

中国の日系鉄鋼関連工場、操業再開も立上げ鈍く

新型肺炎蔓延防止のために延長された中国の春節(旧正月)休暇が上海や広州など多くの地域で10日に明けた。日系の鉄鋼関連工場は徐々に操業を再開しているが、先週末に稼働許可取得を義務付ける自治体が続出し、急遽対応に追われるなど各地で混乱が見られる。日系自動車大手が工場再開を17日に延期したため、稼働を見送る鋼板加工企業も。「外地から戻った従業員の2週間の自宅待機を命じられ、2月いっぱいは低稼働が続く」(上海の日系鉄鋼関連工場幹部)との嘆きが聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)