2020年2月13日

中国・熱延コイル市況、春節明け大幅下落

春節(旧正月)休暇が明けた中国で先週、熱延コイル市況が大幅に下落した。11―12月と上昇し、1月も水準を保っていた。新型肺炎の影響で需要が停滞する一方、鉄鋼企業が高生産を維持したためとみられる。一方で先物市場の熱延価格は春節明け直後に急落したがその後上がり続けている。現物と先物の曲線は通常、相似形を描くが新型肺炎で市場が混乱する中、現物市況は足元の需給、先物価格は春先の需給予想を反映しているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)