2020年4月22日

アジアビレット市況軟化 高炉材で350ドル前後

アジアのビレットマーケットでは、ロシアメーカーが高炉材(SD295A相当品)でCFR(運賃込み条件)トン当たり350ドル前後(日本円換算で3万7500円前後)の安値オファーを出しており、市況が軟化する要因となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)