2020年7月2日

インド鉄鋼輸出高位保つ、全土封鎖で内需が減少 

 新型コロナウイルス流行が広がるインドは鉄鋼輸出をなお高位に保つ見通しだ。全土封鎖で自動車など国内需要が落ち込み、鉄鋼大手がそろって輸出を増やしており、4―5月に半製品や熱延コイルの輸出が主に中国や東南アジア向けに急増した。需要が回復し始めるのは第3四半期(10―12月)以降とみられ、安価なインド材がアジアの鋼材市況に一定の影響を及ぼす状況が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)