2020年7月7日

中国の鋼材市況、下向く 天候不順・コロナ再流行響く

 中国の鋼材の需要と市況が天候不順と新型コロナウイルスの再流行によって下向き始めたようだ。市中鋼材在庫の減少に歯止めがかかり、異形棒鋼の市況は1カ月下がり続け、熱延コイル市況は先週に下げに転じた。新型コロナの第2波がみられる北部と梅雨に入った南部で鋼材の荷動きが滞り、在庫が増加した。夏場の不需要期の中、粗鋼生産が過去最高ペースを維持しており、さらに需給が緩み、鋼材市況が下落する可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)