2020年7月8日

中国、勢い増す鉄鋼投資 1―5月過去最高ペース

中国鉄鋼業の設備投資の勢いが増している。1―5月の鉄鋼業の固定資産投資額は前年同期比6・8%増え、過去最高ペース。3月まで前年同期を下回っており、5月単月は前年同月より1割ほど増えたとみられる。環境対策や製品の品質向上を名目に旧式設備を更新する動きが広がっている。生産性の高い新鋭設備への置き換えで実質的な能力は上がっており、粗鋼の全国生産は5月に初めて9000万トンを超え、6月はさらに増えているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)