2020年7月14日

8月積み 宝鋼が連続値上げ 需要回復、原料高映す

中国薄板最大手の宝山鋼鉄が連続値上げを決めた。8月積みの熱延コイルの販売価格を前月比でトン100元(約1500円)上げ、3カ月連続、合計430元引き上げた。自動車など製造分野の需要回復が進み、鋼板の市況が上昇する一方で鉄鉱石の価格が上がり、製品値上げの環境が醸成されている。中国の粗鋼生産は増え続け、鉄鉱石価格が高位を保つ見通しから、鉄鋼企業は値上げ姿勢を保つ見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)