2020年10月30日

宝武鋼鉄集団、規模以上に「強さ」追求

中国鉄鋼最大手の宝武鋼鉄集団は、目標に掲げていた粗鋼生産世界首位に上り詰めた。近年に中国国有鉄鋼企業を相次ぎ統合し、2020年の粗鋼生産は1億トンを超える見通し。陳徳栄董事長は「1億トンは出発点」となお買収先を検討し、海外拠点の建設にも前向きな考えを示す。中国国内の市場シェアを高めて収益基盤を安定させ、資金を海外に振り向ける構想。5Gや人工知能(AI)を活用した製鉄所の無人化など製造の競争力を上げ、世界の鉄鋼業をリードする考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)