2021年2月2日

中国ステンレス粗鋼、20年、初の3000万トン超 世界シェア6割に迫る

中国のステンレス粗鋼生産量は2020年に3013万9000トンと前年比2・5%増え、過去最高を記録した。5年連続増え、3000万トンを初めて超えた。世界生産の6割近くを占める見込み。新型コロナウイルス禍の影響からいち早く脱し、鉄道や都市交通、空港のインフラ整備や自動車・家電など国内需要が拡大した。ステンレス鋼材の輸出が減り、輸入が増加した。能力増強が進む中、21年も内需が堅調に推移する見通しから粗鋼生産はさらに増える公算が大きい。

おすすめ記事(一部広告含む)