2021年2月5日

中国 鉄鉱石輸入価格が反落 政府の減産方針に反応

【上海支局】中国の鉄鉱石の輸入価格が反落した。2日にトン149・26ドル(約1万5800円、豪州産、CIF)と年初比12ドル強、7・6%安で約2カ月ぶりに150ドルを割った。軟化した鋼材市況や政府の鉄鋼減産方針に反応したとみられる。昨年5月以降上がり続け、12月21日に9年ぶりに170ドルを超え、年明けも高値で推移していた。海外の鉄鋼生産の回復や中国の生産の高止まりの見通しから、下げ幅は限定的となりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)