2021年3月23日

中国・河北で鉄鋼減産 年末まで

 中国の鉄鋼減産が大きく進みそうだ。生産地の河北省唐山市の市政府が鉄鋼23社の操業制限を年末までの9カ月強実施する。大気汚染防止が目的だが、CO2排出と鉄鉱石輸入の削減のために鉄鋼減産を進める中央政府の方針に沿った措置とみられる。鉄鋼減産が長期間続く可能性があり、10年ぶりの高水準で推移する鋼材市況の上昇基調が強まる見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)