2021年9月21日

中国、鉄スクラップ利用促進 粗鋼配合比3割目指す

 中国の鉄スクラップ業界団体の中国廃鋼鉄応用協会は15日、2021―25年の鉄スクラップ産業第14次5カ年発展計画を明らかにし、主要加工配送企業の加工能力を年2億トンに引き上げ、鉄鋼業の粗鋼生産に占める鉄スクラップ配合比の30%達成を目指す目標を示した。高炉スラグの利用率を95%に高め、固体廃棄物の再利用を進める。資源リサイクルを促進し、政府方針のCO2削減に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)