2021年5月13日

UACJ新中計 23年度経常益250億円

 UACJは12日、3カ年(2021―23年度)の中期経営計画を策定・始動したと発表した。構造改革による稼ぐ力の向上に加え、リサイクル材など環境素材や付加価値サービスを強化する。23年度の経常利益は250億円を目指す。長期的には30年度に向けて売上高8000億円規模にするほか、ROIC(投下資本利益率)10%以上の収益レベルを確保する。

おすすめ記事(一部広告含む)