2021年10月14日

中国内の鉱山開発増加 鉄鉱石 輸入減らし価格抑制 4年ぶり10億トンへ

 中国が国内の鉄鉱石鉱山の開発を活発化している。1―8月期の鉄鉱山採掘・選鉱業の固定資産投資額は前年同期比21・4%増え、過去4年で最高のペース。所要量の8割強を占める輸入を減らし、鉄鉱石の価格を抑える狙いだ。国内の鉄鉱石生産量は同14・2%増え、4年ぶりに年約10億トンに近づく。開発投資の増産効果は来年以降に見込まれるが、それでも輸入依存度は8割近い水準が続くとみられ、価格の抑制効果は限定的となるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)