2021年11月12日

中国粗鋼生産23%減 10月、3年8カ月ぶり低水準

 中国の10月の粗鋼生産量は前年同月比23・3%減の7158万トンと4カ月連続減り、2018年2月以来、3年8カ月ぶりの低水準となった。政府の指示を受けて多くの鉄鋼メーカーが減産を進め、設備修繕として操業を休止するメーカーが相次いだ。全国的な電力供給不足で電炉の操業も低下している。需要が減速する中、河北省などで環境規制による製鉄所の操業制限が11月半ば以降強まり、減産傾向が続く見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)