2021年11月26日

中国鉄スクラップ活用急ぐ 国内発生30年3.8億トン 輸入拡大へ新規格化

【上海支局】「中国の鉄スクラップ発生は毎年1000万―1500万トン増え、2025年に3億2000万トン、30年に3億8000万トンに増加し、輸入鉄鉱石の使用量に大きな影響を与える」。中国廃鋼鉄応用協会の李樹斌副会長は鉄スクラップが鉄鋼業の資源戦略を大きく左右すると語る。鉄スクラップの効率的な国内回収と輸入の拡大によって鉄鉱石の使用とCO2排出を削減する中国の戦略は実行の速度を上げ、鉄鋼・原料の国際価格により大きな影響を与えそうだ。



おすすめ記事(一部広告含む)