2021年12月20日

中国 22年粗鋼2年連続減 政府系研究機関予想

 中国政府系シンクタンク、冶金工業規画研究院はこのほど、中国の2022年の粗鋼生産量は10億1700万トンと前年比2・2%減り、2年連続減少すると予想した。21年は10億4000万トンと過去最高を記録した20年から2・3%減る見通し。政府の脱炭素政策から中長期的に国内の鋼材需要は緩やかに減少し、粗鋼生産能力の削減策も影響するとみている。政府の鋼材輸出の抑制方針も減産に作用する。

おすすめ記事(一部広告含む)