2023年1月26日

宝武、フィリピンに製鉄所 現地鉄鋼大手と合弁、年300万トン

 フィリピン鉄鋼最大手のスチール・アジア・マニュファクチュアリングは23日、中国鉄鋼最大手の宝武鋼鉄集団と合弁でフィリピンに一貫製鉄所を建設すると発表した。粗鋼生産能力は年300万トンで投資額は1080億ペソ(約2600億円)。インフラや建築に使われる鋼材の生産能力を拡大し、輸入代替を図る。宝武集団が海外に大型製鉄所を建設するのは初めて。東南アジアで中国鉄鋼企業による製鉄所建設が近年相次ぐ中、宝武集団の海外進出はアジアの鉄鋼需給に大きな影響を与えそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)